ややデカチワワ“ら~ちゃん”のママが気ままに日常を綴ります
by rasta-mom
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ら~ちゃん
私の料理
パパの料理
ちわわんと車中泊
東北のドライブ日記
日常
お気に入り
ベランダ菜園
未分類
最新の記事
祝!初優勝!! 東北楽天イー..
at 2013-09-30 19:11
2013.7.15  ウニ..
at 2013-09-13 14:15
ら~ちゃん、ありがとう!!!..
at 2013-07-19 17:08
英吾くん、ありがとう!!!
at 2013-06-18 15:34
2011.GW 現実逃避の旅..
at 2013-06-03 16:30
以前の記事
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
more...
お気に入りブログ
外部リンク
ブログパーツ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2011 大晦日・富士山三昧(1)


車内はFFヒーターでポカポカですが、ら~ちゃんのシッコは氷点下のお外です (*_*)
ら~ちゃんシッコ中、ふと見上げれば満天の星空!!!
いまだに、なんでも震災と絡めて考えてしまうけど、
3.11、あの日も 街中停電で仙台でも星がたくさん見えたっけ・・・。
でも、ここは富士山のふもと。 星は力強く輝いていて手が届きそう ヽ(^。^)ノ


さあ、朝です!! 2011年、締めくくりの1日です!


c0160092_14514880.jpg

ここ、富士吉田の道の駅では『バナジウム』が豊富に含まれたお水が汲めます。


c0160092_14521563.jpg

我が家でも、ありがた~くお水を汲ませていただいて・・・


c0160092_14522738.jpg

窓の内側についた、霜? 氷? を溶かしながら


c0160092_14525396.jpg

美味しいお水のコーヒーと、ベーコンとチーズのトーストで朝食です。

夕べ、ここへ着いた時は真っ暗で見えなかったのですが・・・



c0160092_1453259.jpg

いや~ん! 富士山、こんなに近くに見えてたのねん (*^_^*)
しかも、この良いお天気! さっさと準備して出発です (^^)/

まずは、南下して富士五湖のひとつ『山中湖』を1周します。
そして、いきなりの絶景・・・














c0160092_14532637.jpg

                  オオーw(*゚o゚*)w

いきなり! いきなり、この美しさ!! これカレンダーの写真じゃないんですよ (^_^;)




c0160092_14533664.jpg

ほらね! 富士山とハイエースとら~ちゃんと、私達 ヽ(^◇^*)/ ワーイ



c0160092_14535953.jpg

白鳥と富士山・・・



c0160092_1454833.jpg

この先は、自衛隊の演習場。



c0160092_14543245.jpg

河口湖大橋を渡ってみました (^^)v
富士山の全体が見えたのは、ある年では12月が20日、
次いで1月、11月が17日だそうです。
晴天の日が多く、空気も澄んでいる冬は写真を撮るには
まさにベストシーズンなのだとか・・・。
にしても、道路に雪もなく、混んでいるわけでもなく、大した防寒をしなくても
寒くもなくて、この美しく雄大な富士の姿を堪能できるなんて (^人^)感謝♪



c0160092_14544233.jpg

道の駅 なるさわ で休憩です。



c0160092_1455777.jpg

そして、上九一色村を走ってみました。
この辺を走っている頃には、空に雲がかかり、ちょっと寂しい雰囲気に・・・。
上九一色村というと、あの宗教団体のことが思い出されます。
この土地にフツーに生活している人もいるのにね・・・ ( 一一)






         
    
            上九一色村で、つい・・・ ( 一一)
               充実の大晦日偏は次回も続きます!!(^_-)-☆










上九一色村・・・というと宗教団体のイメージになってしまってます・・・ゴメンナサイ。

昨年の震災で、東北の沿岸部の津波にのまれた町の名前や、
原発の事故で、いまだに、非難を余儀なくされている町の名前・・・
全国にたくさんたくさん報道されたのだろうけど、今はどうなのかな!?

今、その地名を聞いたら、原発や津波のイメージをもってしまうのかな!?
それは、仕方のないことだと思うけど・・・。

原発のために、いつ自宅に戻れるのかもわからない人たち、
津波にのまれた町を現地再建するのか、移転するのか決まらず、
身の振り方も決められずにいる人たち・・・。
あの時の被災地は、1年半以上経っても、元には戻っていないのです。

被災地の町の名前を聞いたら、どうなったかな!? って
ちょっとでも気にかけて頂けたら幸いかな・・・ 風化させてはいけないと思うから・・・。
[PR]
by rasta-mom | 2012-10-23 17:17 | ちわわんと車中泊
<< 2011 大晦日・白糸の滝へ 初日の出を拝みに行こう!! >>